ペニス増大とたばこの関係は

ペニス増大はペニスを大きくするということです。ペニスを大きくするというのは男性の夢ですが、簡単に行えるものではありません。特にペニス増大をする場合には適切な栄養素の摂取のほか生活習慣の改善が必要とされます。
ペニス増大に必要な栄養素としては男性ホルモンおよび成長ホルモンを高めるためのものとペニス自体の海綿体細胞の代謝を高めるものがあります。男性ホルモンと成長ホルモンを高めるものとしては亜鉛、マグネシウム、ビタミンC、オルチニン、アルギニン、グリシン、グルタミンなどがあります。また海綿体細胞の代謝を高めるものとして、必須アミノ酸、脂質、糖質などがあります。これらを総合的に摂取することでペニス増大につなげることができます。
一方で栄養素を積極的に摂取していても阻害する要因が存在していればその効果も半減してしまいます。特に身体にとって悪いのがたばこです。これは、たばこを吸うとニコチンの作用によって血管が収縮する作用があるためです。血管収縮作用があるとせっかく栄養素を積極的に摂取していてもペニス増大が期待できません。このためペニス増大を目指すのであれば、たばこはやめた方が金銭的にも効果が高いものになります。
なお、アルコール類の過剰摂取も悪影響を及ぼします。これはアルコールの分解に肝臓が使われるためで細胞がペニス増大のための栄養素が身体に回りにくくなるためです。ただアルコール類は適度に摂取すれば血管拡張作用があるので、ペニス増大に役立てることができます。また充分な休息が必要で睡眠をとることで増大に必要なホルモンの分泌などを促すことができます。このため夜更かしや不規則な生活などはペニスの成長を阻害する原因になります。