ペニス増大には精巣の加熱が禁忌です

男性の悩みの一つにペニスの大きさがあります。
そのペニスについては、各種増大方法が言われています。
いろいろある、ペニス増大で最も効果があるのが男性ホルモンのアップです。
男性ホルモンは10代が最も高いのですが、そのころにペニスも成長します。
ペニスや身体などの成長には、男性ホルモンや成長ホルモンが大きく影響しています。
この男性ホルモンと成長ホルモンが低いと、ペニスも身体も成長はしません。
成長期の10代に病気などで、これらホルモンが低いと低身長やマイクロペニスと言われる障害が発生します。
ですから、この男性ホルモンと成長ホルモンは非常に重要です。
年齢を重ね、30代40代になっても当然のことながら、男性ホルモンと成長ホルモンは分泌されています。
歳をとっても男性ホルモンの分泌が多いと、精力的で性欲も高くペニスも大きい傾向にあります。
また、成長ホルモンの分泌が高いと、疲れても回復が早くなります。
このように、ホルモンは身体にとって非常に重要な働きがあります。
また、これらホルモンを高めると年齢を重ねていても、ペニス増大作用が生まれます。
男性ホルモンは精巣(睾丸)の働きによって分泌されます。
ここで注意したいのは、精巣(睾丸)を温めるようなことは禁忌です。
下着でも精巣(睾丸)を身体に密着させ熱がこもるものは絶対に禁忌です。
精巣を温めると精子が減少するとともに、男性ホルモンも低下します。
これはペニス増大とは全く逆のことになりますので絶対に禁忌事項です。
ですから、最近はやりのボクサーパンツよりトランクスタイプのゆったりしたものがベストです。
最近よく見かけるのですが、膝の上にノートパソコンをのせて操作している方がいますがこれも禁忌です。
ノートパソコンの裏側は熱をもっているため、精巣(睾丸)には悪影響を与えます。
できるだけ、冷やすようにすることでホルモンアップすることができます。