格闘家も使用のテストステロンがペニス増大や頻尿にも

大晦日、10年ぶりに開催された格闘技の大会には、多くのベテラン格闘家達が出場していましたが、なぜ彼らは中年に差しかかる年齢になっても戦えるのでしょう。

その秘密はテストステロンにあります。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、歳とともに減少し、体の衰えや男性の更年期障害を引き起こします。
しかし、食物からは摂取することができないために、あまり注目されることがなかったのですが、これがスポーツ選手のパフォーマンス維持に役立つことがわかると、多くのベテラン選手がテストステロン補充療法を受けることで、高齢になっても現役で活躍することができるようになったのです。

だとすると、これを若いうちから摂取するとどうなるのか。
そう、あなたの想像したとおり、身体中に力がみなぎり、精力が一気に増大します。
そしてその効果は他の部分にも表れ、ペニス増大や頻尿の改善などとして実感することができるのです。

頻尿などは、まさに老化の象徴のように言われていますが、この頻尿すらをも改善できると言われていますから、これは、まさに若返ったことと同義語ともいえます。

もともと、テストステロンは睾丸で作られるといわれていますので、その生成に伴い、ペニス増大に効果があっても不思議ではありませんし、テストステロンを摂取して筋トレなどをすると、それによりさらにテストステロンが分泌されるといわれています。

こうなると、テストステロンで元気になってトレーニングし、それによりまたまたテストステロンが分泌されてさらに元気になる。

まさに、好循環の見本の方な状況が生まれることになります。

ペニス増大とともに格闘家ような強靭な肉体も手に入る。
男性の救世主ともいえるのではないでしょうか。